2014年11月29日

浅見光彦の女


 

 <軽井沢 芽衣>

<来年まで生きて 妻と行こう>>

昨日 秋の陽射しの名残に公園の落ち葉を

踏みしめたくなって、足を踏み入れた。

茶色の絨毯に赤が混じり、何とも言えない美しさだ。

落ち葉の小径の先に、県立がある。

県はルーズなのでカードが無くても借りれる。

電話と名前をボードにサインペンで書く

また「内田康夫」を借りた。

このところ全部外れ、

松屋の目玉焼き定食のように

必ず一定の味が欲しかった。

久しぶりに一晩で読み終えた。

面白かった訳ではない。

香港小説などは一晩で3頁しか進まない。

巻末の<浅見光彦倶楽部>に入る事にした。

会員特典として

1、軽井沢 浅見光彦の家というホテルに泊まれる。

2 軽井沢 浅見クラブハウス入場無料

3、軽井沢 森の素敵なお店、「軽井沢の芽衣」の

  飲食代2割引き。

必要経費は80円の返信用 封筒のみ。

と言うのは 中国人の妻は関心の持つポイントが

いまいち予測できない。

全てにおいて完璧なのだが、美味しい珈琲の店の

雰囲気を余り喜ばない。 わからない。

しかし 軽井沢は好きらしいのは分っている

内田康夫は軽井沢が好きなのだ。

彼を通じて <今年>軽井沢に行く

来年生きていれば、妻の運転で<浅見光彦の家ホテル>に

行こうか。

それから善光寺平の北、 信玄の海津城跡も行きたい。

浅間の白い噴煙が迎えてくれるが、

懐古園の藤村記念館海津城は喜ばないだろう。

歴史認識のを埋める時間は残されていないようだ。

昨日の<県立図書館>の収穫はこれだった。

とりあえず妻が喜ぶ事。 軽井沢の森のレストラン。

今日の主題にまだ行きつかない。

実は友人のハンティングした 女について

続編を書こうと思っていたのだが

<浅見光彦>に登場しても良いくらいの経歴を

その女は持っていたので、書く事にした。

ここからやっと始まるのに

もう紙面が終わりだ、

続きは明日にするか・・

posted by 花蓮 at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月28日

死後の雑感

まだ垢すりのあとが痛い

ブラジルのお姉さんが居なくて

若い兄ちゃんが掃除をしていた

「あなたがやるの?」

仕方がない

「わたしエクアドルです」 若いから力が強い

/

今は5時半

まだ夜が明けない

夏ならもう明るいのに

確か12月下旬まで夜が長くなっていく

逆に夜が短くなる分岐点も近くなってきた

/

借りてきたビデオ5巻

そのうち3巻が見た事がある。

なんてこった

おれの趣味は変わっていない

同じビデオを借りるなんて

女の好みも同じだ

0.1秒で同じ顔を選んでしまう

「なかちゃんの 好みはは直ぐ分ってしまう」

死んだ友人が良く言った。

/

先日の血便の友人の事で

医者の友人に電話した

昔  女ハンティングに行った仲だ

トヨタの販売店に行った

彼が気にいった子がいた

彼は今も独身、

身長180でもてた

女と3人でテニスを始めた

女が本当に惚れて、それから修羅場がやってきた。

やがて女は佐渡に嫁にいった

「生まれてきた子に あなたと同じ名をつけて いじめてやる」

と彼女は言った。

無言電話の女 三人。

友人は俺に聞きたいと言った

彼の医院には本屋が毎月届ける「中央公論」 「文芸春秋」

それに日経、朝日、ジャーナル、 k大法卒、医学部に入り直す。

お金が無かったので、授業料免除の特待生だ

華々しい経歴だ

「人生 やり終えたよな」

「七十代は肉体が衰えて、周りに迷惑かける

生きても意味がないよ、 おまえはどう思う?」

彼は大きなビルに一人住んでいる。

物凄い克己心・ 糖尿を完治させた。

精一杯用心深く生きて迷惑掛けない決意だ

血便の主も知人、6年前死んだ友人とも知人

「彼らは 弱いからなぁ」

身体のチェックの怠りない彼から見れば

自業自得という所だろう。

唇にメスがあって、最近は避けていた

盛んに遊びに来いと言う

しかし一年も会っていない

彼の葬式は俺より確実に遅い。

 でも<女の祟り>があるから末路は

想定外があるから恐ろしい。

祟りじゃ〜〜

 

posted by 花蓮 at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月27日

今日は朝風呂

今日は朝風呂に行ってきた

定年退職は 何をしようと気楽だ

その代り世間から忘れ去られている。

知り合いの中國人主婦に電話したら出ない

午後になってメール

「いま 湯ったり苑に居るよ」

なに 風呂か ばかめ!

年末調整と自営の収入の調整が必要だと言うのに

このメールを見て

私も急に背中がかゆくなった。

自宅の風呂では、背中を擦るのは2秒もない

そうだ俺も湯ったり苑で垢すりしてもらおう

湯ったり苑の垢すりは<日系ブラジル人>のシンジケートが

携わっているらしい。

もう7年まえから

彼女達の身の上話を聞いている

以前小売店をやっていた頃、

日系2世のおじいさんのセールスが

訪ねてきた。

彼は水晶の販売をしていた。

今も名残の30センチもの水晶柱がある。

ブラジルは水晶の産地らしい。

「私の故郷の州はいいとこですよ」

彼は言った。

ちょっと行って見たい気になった。

この垢すりコーナーはブラジルの香り

でも まだ先にギリシャ、イタリア、東欧、バリ

行くところがある。

ブラジルはダメかな

 

posted by 花蓮 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記