2014年06月30日

軽井沢の風

70120962_t31

妻が急に言い出した 軽井沢へ行こうと

<あの横川から軽井沢へ行く橋で

 

飛ばしてしまった麦藁帽子

 

どこへ行ったんでしょうね>

夏が来るとあのコマーシャルを

思いだす。

なにか有名作家の作品に出処が

あるんだろうか、

夏 信州

中国人の妻が言いだした

彼女の心にも、「日本の夏」が残ったのだろうか

今年は妻の弟が留学で来ている

彼の心にもあの風の吹き抜ける軽井沢を

感じてもらいたい。

冬はマイナス30度にもなるハルピン

しかし夏は36度にもなるのだ。

夕方になると、上昇気流が発生して

突風に襲われる。 満洲だ

それに比べて柔らかな小諸の千曲川の風

そうは言いながらも、アウトレットモールで

目を輝かせるだろう。

旧軽井沢の自家製ハム屋さん

ここ二年は病に倒れて

ベッドから眺めた夏

まだ生きている、 さんざんな夏

神はまだ軽井沢の風を吸っても

いいと言っているのだろうか。

posted by 花蓮 at 08:50 | TrackBack(0) | インポート

2014年06月28日

翻訳の宝物

「背教のファラオ」を<市立>で手に取って以来、

ずっと翻訳物にはまりこんだ。

日本の著者はこの四年間 ほとんど読んだ。

読みたくないジャンルや作家はいくら並んで

いても石垣みたいなもので、

毎回はずれたと、そのまま読まずに

返却していた。

そこにイギリス文学である。

歴史系、考古学のミステリー小説である。

「電撃大賞」の百倍も内容が詰まっている。

面白い森を発見したと小躍り。

「13番目の石板」の巻末に

この出版社の歴史小説が紹介してあった。

昨日は市立に返却と同時に

この検索をしてもらおうと出かけた。

ところが有料駐車場には一台も無い

<虫干しで一週間休み>なのだった。 

仕方なく県立へ、

県立の小説は市立の半分しかない。

半円型ガラス張り、湖が眺められる。

まことに立派な建物なのだが、

平屋なので蔵書量が足りなくなっている。

「相談のお姉ちゃん」の所へ行く

持参した文庫本の巻末を見せて

検索してもらう。

市立が虫干しと称して

<さぼっている>と話しかける

乗ってきた

「何十万という本を全部照合するんですよ」

「俺、県立の裏の職員駐車場が散歩道なんだ

虫干し期間中、車が半分以下になるんだよ」

「・・・」

「この本の著者の ケンブリッジ図書館に

行った事があるんだ」

「この間 ハルピン物語を検索してもらったら

無いっていうだぜ」

女の子はパッパッと検索する

「ないですね」

「これは紛失して、元データを削除したんだ」

それからあれやこれや世間話。

「これがスナックだったら 五千円は

 

取られるところだった。

 

ありがとね」

「また お待ちしてます」

金ぴかのハードな表紙の

考古学サスペンスを借りてきた。

posted by 花蓮 at 10:17 | TrackBack(0) | 日々の出来事

2014年06月26日

光宗薫ってだれですか?

Dscf0553

昨日 YOUTUBE を見ていたら

サンスターの宣伝CMが大きく写っていた。

今朝はもう無い

光宗薫とあった。

元AKBだそうな、

こんな魅力的な娘がいたのか

特別な美人ではないが、何故か

惹きつけられて止まない。

昨日は何度も見てしまった。

「待っていたの」

なんて画面で言っている。

思わず胸が高鳴る、俺はアホだ。

昔の人は良く言ったものだ

<目は口ほどに物を言い>

若い瞳は黒く耀く

母を見ると 白濁している

歳を取るとは こう言う事か

もう一人惹きつける女優がいる

何処かのCMに出ている

検索すると「本田翼」という

「翼」も「薫」も特上の「鼻」と言えないが

それを補って余りあるのが

<瞳>である。

ここが惹きつけるのだ

鼻も瞳も特上なのが「能年玲奈」だろう

一方 思わず目を閉じてしまうのが

杏だ、

<鼻観察師>の私は

毎日NHKで見るのが苦しかった

あのに「わとりの口ばし」のような鼻だ

瞳も美しくない

吉高由里子も 惹かない

寝ている妻の鼻に指を入れる

びっくりして起き上がる妻に

「何してるの」と叩かれる。

また寝る妻の鼻を眺めるのだ。

能年玲奈

光宗薫

本田翼

我妻

見ていて飽きない 女・女・女

そして じじい  価値もない

衰えないのは 筆の力のみ・・

posted by 花蓮 at 06:19 | TrackBack(0) | 考えること