2014年05月31日

小野田少尉の歩兵銃と軍刀

Hiroo and shigeo onoda 1944.jpg

<小野田少尉と弟さん>

田母神さんが石原政党に加わるそうだ

久々の快挙だ

ソーダ水のように爽やかだ

小野田少尉と田母神さんの対談のYOUTUBEを見た

小野田少尉は軍命で、ジャングルで戦った

命は保証するから出てきて下さい>というビラは

全く無視したという。

命を捨てて掛かっているのに、戦後の我々は

命は地球より重いなどと言っていたのである。

(それがいとも簡単に殺す・これはどういう教育だ)

離島残置諜者が彼等の命令内容・任務だった。

マニラから撤退(全滅)して行った帝国陸軍

それが再び上陸して来る時の為の受け入れ準備

が小野田さんの任務だった。

軍隊は命令系統がある

直属の上司の命に従う

だから (名前忘れた)少佐が現地に行き

命令を解除した。

訳分らない厚生省の呼びかけはお門違いだ

小野田さん小塚上等兵の銃と2丁持っていた

軍刀と銃1丁は現地フィリピン軍司令官に

差し出した。(降伏したから)

帰国して 戦前の常識をすっかり忘れていた日本国民は

銃は厚生省に返せと言ったそうだ。

小野田さんは自分のものだと思っていた

(入手経路は正規では無かった・奪取品か)

田中首相はポケットマネーを百万出した

小野田さんは 命を捨てて 戦っていた

もう一人穴から出て来た横井さんとは全然違う

死を覚悟してゲリラ戦を遂行していたのだ

それが金まみれの首相、厚生省のポンチども

に唖然としたそうだ

百万と銃は<靖国神社>に奉納した。

金の為ではない 軍人は命令だ

その小野田さんも冥界に行かれた

残った田母神さんが、

夕日・隔日新聞の

敵国新聞のような攻撃に耐えて

石原丸と船出するのだ。

御無事を心からお祈り致します。

私たちは「天声人語」などという

下らない妄言を受験勉強(S40年代)

で読まさせられて

別種の人間になるところだった。

お〜危な

今 「紫電改物語」のYOU TUBEを見終わった

昭和20年 千馬力を越える重戦闘機が開発された

その物語を見て、声を出して泣いた

だれもいない部屋

わ〜わ〜泣いた

戦争関係 涙なしには見れない。

上級はダメだったけど 下士官は偉かった

あなた達は立派でした。

posted by 花蓮 at 08:20 | TrackBack(0) | 考えること

2014年05月30日

やまぼうしは神が見る花

3834

Dscf0507_2

    <やまぼうし>

今年も我が家の「やまぼうし」が咲いた

たまたま「山ぼうし」の横に二階へ行く階段がある

もしこの階段が無ければ、誰も花が咲いたのに

気が付かないだろう。

なんでこの花は真上に向って咲くのだろう

三メートルもある木の真上に空を向いて咲く

神様だけが 気が付く

この階段はめったに使わないので

気が付かなかった。

その隣のバラが今年も咲いた

植物には興味の無い私だが

このバラだけは気に掛けている

妻はこの赤いバラが大好きで

中国の母に持っていった

挿し木をしたら根着いたという

哈爾濱でこのバラの子孫が咲いている

中国でも真紅の色を輝かせているだろう

posted by 花蓮 at 07:56 | TrackBack(0) | インポート

2014年05月29日

ハルピン物語始末

Dscf0505_4

散歩の途中 県立図書館に寄った

ポケットには百二十円が入っている

何か飲みたいと思っても

一円も持っていない事が度々あったからだ

大きな玄関ホールの中はひんやりしている

薄暗い自販機室でミルク珈琲を買う

それをポケットに入れて閲覧室に入って行った

「相談の席」を見ると先日 木で鼻をくくった

ような兄やんは居ない。

その代わり高校生のような、生々しい女の子が座っている

「あの〜 ハルピン物語を探しているんですけど」

「わかりました 」

彼女はPCを叩く

「この図書館には ございません」

「私 ここで借りた事があるんですよ」

「・・・・・」

「それなら 有ったんですね!」

「あなた  素直に俺の話 信じてくれるんだね!」

「実は先日 同じ質問をここでしたんだよ」

「あなたなら ハルピン物語が出て来ると思って」

「考えられるのは ハルピン物語が返却されなくて

 除籍されたのかもしれません

(一番納得の行く説明だ、この子は素晴らしい)

この本は絶版になっているので

図書館では中古は買えないんです

契約の書店から新刊だけ」

「俺は 帯付の新刊のような ハルピン物語を

アマゾンで買ったんだよ、

 寄贈しようか」

「えッ 本当ですか 有難いです」

純朴な彼女は 喜びを表す

ハルピン物語は この県立にあるべき読み物だよ

冗談で口から出たのだが

私が死蔵するより この県立で 

”満洲好き”

読んでもらった方が良い。

気持ちの良い会話の時間だった

見廻したが <公務員病の兄ちゃん>は

姿が見えなかった。

私の会社ならすぐ首にするのに

でも雀も鷹も 存在する理由があるのだ

と思うのだった。

posted by 花蓮 at 08:37 | TrackBack(0) | 国際結婚体験集