2013年12月30日

ビッグダディはビッグダディ

いや〜びっくりしました。

昨日はビッグダディを11時まで見てしまった

これの前篇は数年前見た事があったが

極貧なのに無計画に子供を作り

それを受け入れた妻は、貧乏に耐えかねて

喧嘩ばかりしている風景だった。

最近書店でビッグダディの本を見掛ける事が

増えたが、手に取ることもしなかった。

いやな男と切り捨てていたが、

昨夜はだんだんと引き込まれて行くのが

判った。

<子は親の鏡>

いう事は易しいが、上手に育てるのは難しい

長男、

次男

三男

長女、次女、三女

彼の家庭の子供たちを見ているうちに

ビッグダディの凄さが分ってきた。

極貧の中で自分を失わず、食事を作る

そして子供たちを飢えさせない、

子供たちが親のいう事を良く聞く

素直なのだ。

破れ窓の傍の布団で、勉強を

している次男にスタッフが聞く

「机が欲しくないですか」

「いえ 欲しいと思いません」

馬鹿な質問だ

欲しいに決まっているだろう

ビッグダィにお金が無いを十分に

知っている子供

そして兄弟たちにみんなに

シャワーのような愛情が十分に注がれているので、

団結して耐えて心に苦痛は無かったのだろう 

ダディの子育ては見事だった。

彼も疲れているのに、食後の集い

「花いちもんめ」をやろうと子供たち呼びかける

子供は喜ぶに決まっている。

頭ではない身体から入る思いでだから

決してぐれたりしない。

13人の子を育てたダディに感服した

彼の心の大きさを知った昨日だった。

彼の印税の為に本を買おう。

少しは楽をして下さい。

posted by 花蓮 at 16:59 | TrackBack(0) | 考えること

2013年12月28日

年末の大工仕事

003_2

もう人生これで終わりにしようと 思っていたので

今年は新しく家をいじる事は無かった。

ところがまだ生きている

鎌倉物語を書いたら 案外行けそうだ。

そうすると参考に小説を読み始めた

だんだん仮設の本置き場では間に合わなくなってきた。

それで今月の初めから、本の置き場を考え出したのだ

そうだ あの壁に本棚を作ろう。

あまり気力と腕は残っていないので

本棚の構造を考えていた

<よし! この程度ならできるぞ>

倒れる危険があるので背中の壁にネジで留める方式にした。

図面を書いて、ホームセンターで3尺×6尺の

ベニヤを裁断してもらう。

最少のペンキ、サンドペーパー、パテ、ネジを

買って9000円。

今日 朝から組み立てが始まった、

赤と緑の反対色   ペンキを塗って午後十時完成した。 

赤を最少にしたので案外合っている

明日は溜まった本の移動だ。

29日。年末というのに

「余計な仕事を増やして」と

妻にブツブツ言われるだろう。

でも もうニ、三年 本の蓄積は大丈夫だろう

それから先は死ぬかも知れない。

本棚と書きかけの原稿が残して。

次に住む人が解体すれば良い

posted by 花蓮 at 22:57 | TrackBack(0) | 日々の出来事

2013年12月27日

日本人よ 嗚呼日本人

昨日 安倍首相が靖国を参拝した

私が参拝しても 何の反対もないが

やはり日本国の首相が参拝すると重みがちがう。

話の<土台>が違うのである

シナ人と朝鮮人は 基本的に日本の繁栄を願っていない

だから 靖国参拝は彼らの口実に過ぎない。

放っておいて欲しいのだが彼の国は一人で

遊べないらしい。

<ここが押さえなければならないポイントだ>

これに今回はアメリカも乗った。

アメリカ民主党政権は外交方針が狂っている。

私が米国民ならオバマの考えがおかしいと気づく

なぜなら誰がポチか、米国にガラパゴスのように

尽くす国か分るはずなのに。やはり民主党は米国も

ダメなようだ。

米国打倒を密かに、あるいは表だって目指す国か

分るだろう。

日本も こすからいロシアと手を結ぶ真似をして

米国をあわてさす必要があるかもしれない。

中国の核弾頭が万里の長城の西側にあるが

撃たれれば終わりだろう

それでも 侵略してきたら

戦うしかないだろう。

そういう国なのだ

妻の故郷はハルピンの東北100キロくらいの街

人口7万、満洲平原の小さな町だ

そこを訪ねた時、小さな町の<銀座十字路>を

掘っていた。

そこに大きな看板があった。

{防空に備えよ}という意味の文字

何してる

防空壕になる地下道を掘っていた

彼らは(政府)は大まじめに準備しているのだ。

昨日中国領事館に行った。

新潟市の中心部の砂丘、その上の

市内を一望できるビル。

これで十分であろうと思われる

しかし 県庁の横に5000坪の領事館用地を

取得して移転する。何をする!!!!

靖国参拝批判を報道しているのは<朝日、毎日>

その系列のネット、テレビ局、

一方 ツィッターの”いいね”は 35000 最高とか

やはり声は声。

報道に気をつけて、割り引いて読む。

永遠の0を見てきました

彼等は何を信じて死んだのでしょうか

阿倍首相 よくぞ 行って下さいました。

妻の弟が来年留学してきます。

妻の最愛の弟

だから私も愛情を注がなくては

日本人が死に絶えたこの家は

その弟が住むかも

それでも良いではないか

民間結合 仲良く

妻が愛するものが 私の愛するもの。

帝国海軍の英霊 許して下さい。

posted by 花蓮 at 10:22 | TrackBack(0) | 国際結婚体験集