2013年03月31日

別世界に迷い込む

Sany0258

昨日も暇だったので(いつも365日)

図書館に行ってきた。

実は昼食を食べにいったのだ。

10席ほどの小さな喫茶店が図書館の中にある

窓から湖が見え、まことにのんびりした雰囲気だ

こんなロケーションが世田谷にあったら

大変なにぎわいだろう。

残念ながらあまり注目もしない新潟なのだ。

四国松山ならどうだろう

熊本ならどうだろう

決して北の秋田は出て来ない

物凄く美味しい<ラテ>を飲む

最近<ラテ>と言う単語が登場した

ジェラートもそうだ。

付いていけない

「剛力彩芽」と言う名を口にしたら

病院の女連中が驚いていた。

若い女の情報には 遅れまいと付いていく

図書館でめったに行かない書架に行って

神保町 二階世界 巡りという本を借りた。

もちろん東京・神田神保町はいわずもがな

本屋の街だ

この街の二階はいきなり”異界”であったりする。」

と書きだしている。

神保町には興味があった

引用すると

タレントのヌード写真集や特価本を中心に扱っている

店の階段を上がってゆくと、一変、そこは広重や國貞

の浮世絵や、ヘンリーミラー、アンドレ・マッソン、のリトグラフ

が並べられいる版画商であったり、(中略)

近代文学の初版本や稀覯本の宝の山が出現したりする。」

大橋乙羽(おとは)、堺利彦、恩地孝四郎、正岡容(いるる)など

知らない名前の羅列だ、

しかもこれらの人は、本世界では有名人らしい。

まだ”東京人”の話が延々と出てくる。

この作家の世界が”異界”であり”別世界”だった。

文化の中心東京 このどこまでも平坦な田んぼの

新潟では語る事もない。

文化がうすら寒いのだ 

「正岡いるる」の項から

谷中・隠れ道・

谷中、根津、千駄木いわゆる「谷根千」周辺を歩くと・・・・

「谷根千」散歩の初心者には 

かなり難易度の高い路地がある。

「谷根千」 (そんな地名初めて聞いた うらやまし〜い)

やねせ〜ん 

この言葉に打ちのめされる 

「ねず」 これどこかに出てくる

谷中の墓地には一度行った事がある

根津は知らない

千駄木も知らない

しかし物の本には良く出てくる名前だ。

俺は「羽生田」を知ってるぞ!

新潟の田んぼの中の無人駅だ

どうして地方は無意味なのだろう。

少なくても江戸の歴史までないと

浮遊する水草のようなものだ。

晩年の目標が出来た

宝くじを当てて、千駄木のマンションを買う

そして神保町を巡り、一段落したら

「二階世界」にまで

足を延ばす。

谷中を歩き、お団子を食べて日暮里

に下りる。

浅草を見て、有名な天丼屋に寄り

そして日暮里の内海圭子師匠に<都々逸>(どどいつ)の

(江戸文化の華・師匠の旦那は高校の同級生だ)

さわりを教えてもらう。

まだ死ねない。

妻ちゃんは付いて来ないだろうな。

新潟の田舎者 最後の望み

<灰(ハイ) さようなら>

posted by 花蓮 at 07:42 | TrackBack(0) | 浮き草

2013年03月30日

春季例大祭には

阿倍首相が靖国神社の春季大祭に

行かない決断をしたらしい。

また中国に負けたのだ

彼の野盗国家はそんな日本の遠慮は

”得点だ”と意にも介さずさらなる強盗を

繰り返してくる。

反日暴動など恐れず、大祭参列は行うべき

そして何回でも、<日本の参拝は止められない>

と認識させる事が<今重要だ>

昨日大連から帰国した人と喫茶店に行った。

大連は親日的な街だ。

満州国の南の終点

戦前日本人が最も多く住んでいた街

現在「開発区」には日本企業がたくさん

進出しているとその人は言った。

キャノンが一万人の雇用をしているらしいが

大連市が無謀な課税をして、キャノンは払うより

撤退した方が良いと思ったらしい。

関連取引先も含めると数万の雇用が失われる

事態になった。

今は大連市も折れて妥協がなってるらしい。

大連は日本人専用のメルマガが発行されるほど

日本人が多い、私がまえに行ったクラブもそんな

一つだったのだろう。

ワンちゃんと昼間のデートに成功した。

彼女は20歳、

「今日一日 何処行こうか」

旅順に行ってみたいなあ〜

妻に出会う1年前の話だ

旅順の旅について数年前このブログで

書いたので止めにする。

当時50代

私の本当に好みの顔でなかったので

<結婚のカード>は切らなかった。

その後今の妻にあったのだから

「運命のガイドはいるのだと思う

靖国に話を戻そう

キャノンの社長の考えは分からないが

中国はもう採算に合わなくなってきている

いつでも撤退だ。

断交は中国にとっても大打撃

彼の国の体制がゆらいできているので

不満をそらすため「馬鹿な手」を打つかも

知れないが、一党(毒)独裁が日本のせいじゃなく

歴史的必然性で崩壊・混乱するなら、

果敢な対抗手段を安倍さんも採るべきだろう。

灰塵に帰したあと、民間レベルの愛が芽を

吹くだろう。

広島の柳が芽吹いたように

(万里の長城↓の核弾頭1000発は

防げそうもない。

北の核の比ではない

<余談>

昨晩 塚本青史の「李世民」を読んでいた

唐王朝の創始者だ

そのなかで 戦争の殺し方が印象に残った。

年貢を納められない農民を生き埋めにして

殺すのだ。彼の創作でなくて何処かに原典

があるのだろう。

一方 司馬遼太郎の「本郷界隈」を読むと

東大の前は加賀藩の屋敷跡ということは知られて

いるが、一時お雇い外人の住宅だった。

その外人の手記にこんなのがある。

犬がいたので石を投げた、

その外人(名は忘れた)彼の国では

石を持つと犬は怯えて逃げるものだと

思っていた。

ところが日本の犬はいじめを知らなかった

足の間をコロコロと石が転がるの見ているだけ。

また不忍池から鴨の親子がカマドの傍に来て

暖をとったのには驚いたと書いてある。

何処の国でも食っちゃうので寄って来ない

(中国はムカデでも食う)

このように江戸・明治期の温和な国民的気風は

犬、鴨にまで及んでいた。

posted by 花蓮 at 07:01 | TrackBack(0) | 日本の事

2013年03月29日

母の入院

あ^^〜〜面白かった

今病院から帰って来たのです

去年入院してたリハビリ病院です。

母が急に手足の痛みがひどくなって

診てもらうと

大病院で病名と処方をもらうことになった。

診察の合間に私は5Fのリハビリ科へ

ナースステーションの前を通ると

見た顔が、

しかしはっきりと分からないので過ぎると

「中村さん なんで声掛けないの〜〜」

女と言うのは良く覚えているものだ。

剛力彩芽にそっくりな彼女が声を掛けてきた。

〇〇さんいるわよ」

ますます あやめちゃんに似てきたね」

リハビリ療法師の〇子ちゃんの事をいっているのだ

お父さんと呼び

”暗に近づくな”と言った担当女だ。

いいよ 会いたくないよ」

私は心にもない事いう

それから男の「若者療法士」や

ちょっとむかし声を掛けた女の子が次々と現れる

「あれ! 髪切ったの」

「何言っての 中村さんが居た時から短かったよ

あれそうだっけ??」

小可愛い顔。

私のお目当ては看護助士のE〜〜子ちゃん

男の療法士に

「今日居るか 彼女」

だれ」

「決まってるだろ」

午後からです」

「お袋が入院するから、ちょくちょく来るよ」

これから意外な楽しみができた。

担当女が

中村さん どうしてた

「うん また倒れてさ」

びっこのまねをする

また ふざけて」

「〇ちゃんに 診てもらいたくて 毎日思いだしてたよ」

なんて調子が良いんだろう

ああ 気持ちのよかった時間

女は素晴らしい。。。。

あの子も あの子も あの子も

posted by 花蓮 at 11:17 | TrackBack(0) | 日記