2012年12月31日

ことしも暮れて 良い歳をお迎えください

Sany0036

昨日の夜 妻ちゃんは夜中まで掃除洗濯をやっていた。

近所の中国人主婦が、ミカン林檎をひと箱づつ持ってきた

妻がいうには「私にたべさせたい」と言っていたそうである。

31日は彼女を誘って伊勢丹に行こうよ 私はドトールで

珈琲をのんでるからさ

 

「だめ 行かない 明日は忙しい 掃除洗濯しなきゃ

そんなことを言っていたのでその主婦に会うのを

諦めていた。

強く言って気取られてはいけない

深夜まで掃除していたところをみると

彼女と出掛けるつもかな

伊勢丹のハムにすれば

だめビールをお返しに買うの これ中国流

お父さんとお母さんには 1万づつお年玉でい〜い

これで口うるさい母の評価も上がるというものだ

妻ちゃんは<相手の旦那>にお酒を買うつもり

ひょっとして奥さんが私に持ってきたのを妬いているかもしれない

九月頃 喉にキスマークをつけて見舞いにきた

妻が語る彼の家の<性生活>の話を私は興味が

無さそうに聞いている。

実はロバの耳になっているのである。

我が家の情報も漏れているという事だ。

歳も暮れゆく

買い物には付き合いきれないので

向うの旦那とドトールで待ちぼうけか。

今年は倒れて尚行く、

♪〜 倒れちゃならない やがて春がくる〜(異国の丘

今は歌う人も死に絶えた)

年末には起き上がっています

来年も書き続けますので よろしくお願いします。

皆様も良いお年をお迎え下さい

posted by 花蓮 at 07:53 | TrackBack(0) | 浮き草

2012年12月29日

ゾロアスター

51ht5mdxcnl_aa300_1

ゾロアスター

懐かしい単語が出てきたものです

今朝のYAHOOニュース読んでいたら、

インド財閥「タタ氏」がゾロアスター教で,

子孫でなく同じ宗教の人に 後継を譲ったと書いてあった。

(グループ売上2兆円)

タタは28万で自動車を売り出したり、英国のジャガーを買収したり

なかなかやるなあと思っていた。

そしてインドではスズキが50%くらいシェアーを持っている

トヨタも最近はふらついて見えるし、スズキインド工場でスト

最後の日本の砦はインドでのスズキかなと

タタ自動車の肉薄を心配して見ていました。

そのライバルの首脳が<ゾロアスター教>とは、

この歴史の教科書に載っていた、和訳で<拝火教

ササン朝ペルシャの宗教ではありませんか

紀元前の宗教です

なぜササンという この王朝だけ<朝>がつくのか

調べてみよう。何と区別しているのだ。

ササン朝はかの有名なアレクサンダー大王に滅ぼされた。

ペルシャの王「ダリウス」はアフガニスタンまで逃げたが

部下に殺された,10万の軍隊がいたのに数日後である

哀れな末路だ。

アレクサンダーは占領後、現地高級女性(王女など)との

婚姻を勧め脱ギリシャ化を進めた。しかし大王の余命

もなかったので、分解した。

クレオパトラの王朝はアレクサンダーのエジプト占領軍が元祖

です。 だから石像の顔がギリシャ風、

エジプトの「文化」が「武力ギリシャ」を圧倒してすっかりエジプト風に

なった。しかし超古代から続くエジプト王名表>には

クレオパトラ朝は載っていない。神官達の抵抗でろう。

ひょっとしてアレクサンダーは<ゾロアスター>を弾圧しなかったかも

後のイスラムが容赦しなかったのだろう。

この古代のもう滅びたと思っていた宗教が

インドに残っていたなんて驚きです。

世界史の授業では単語しか教えません。

でもこれでは意味がない、

何十時間で世界の出来事をサッとでなでるのですから、

無理もありません。感謝してあとは自分で突っ込むしかない。

先生も<拝火教>は火を拝むと思っていたのかも

日本では出雲系の祝詞(のりと)に、カンゴン(天、山)シンソン(かみなり、風)

リ(火)コン(地)と森羅万象を唱え感謝する言葉があります。

火は神なのでしょう。

ササン朝ペルシャ、ゾロアスター、

 アフラ・マズダの神(火の神)、 MAZDA自動車を想起させました。

このロゴを見るたび<日本的では>ないとおもっていた

アフラ・マズダの神・(宇宙の神)に似ている

これが現代の「タタ自動車」と関係してくるなんて面白い。

早速アマゾンを検索してみると、ゾロアスター教が出てきた

高校の時ゾロアスターってどんな宗教だろうと思ったけど

受験の道からはづれていたので追求しなかった。

しかし今は腐るほど時間がある人生最後の時

寄り道して読んでみよう。 注文した   中古で980円だった

<アマゾン> 便利なったものです。

書店では見つからないでしょう。

posted by 花蓮 at 10:25 | TrackBack(0) | 経済

2012年12月28日

近江ノ み 夕波千鳥 なが鳴けば

Sany0057
 <お気に入りの椅子>

Sany0052_4
 <線の中に白鳥が.拡大できます

Sany0051

Sany0054
<線の中にフクロウが, 拡大出来ます

今朝は雪と風が止んだので、図書館に本を返しに行ってきた

月曜日にはまだ緑の芝生があったのに、雪に覆われてしまった。

戦艦武蔵は今回は中止、

沈没する描写に耐えられないような気がして

いるので、気迫が充実するまで休止にしよう。

図書館は本日で御用納め。

正月用の本を五冊借りてきた。

そしてタレーラン?珈琲に立ち寄って

バリスタのエスプレッソを飲む。

砂糖を入れなくても十分甘い、ミルクで描いた

楓の葉の模様が最後まで残っていた。

この店のバリスタは綺麗なのかもしれない。

マスクを掛けているので分からない、でも目が黒目がちで

十分その下も美形であることが想像させる

一旦 珈琲ブレイクをはさんで、本の選定にとりかかる

下段の書架は足がふらつくのであきらめた。

中段に帚木蓬生の「ひみこ」があった。

この人は古代を題材に書くのか、チラッとめくると

魏の国のらしき事も書いてある。

資料を基にいくらでも夢を膨らませるのが小説家。

 彼の夢に付き合って正月を楽しむか。

図書館の入口の木に<フクロウ>が留まっていた。

この木には多い時は5〜6羽のフクロウがいて

マスコットみたいになっている。

この閲覧室からの景色は全国でも有数であろう

灌木の向うに湖が見え、白鳥がV字型をして大空を舞っている。

景色に甲乙は無いと思うが、陽光にめぐまれた<北鎌倉>の

風景が懐かしい。

今でもそうなのだから、 奈良期 滋賀に都が移されたとき

琵琶湖を見て寂しいと思った貴族達の気持ちがわからぬでもない。

ここはだれも注目しない越後の湖。

近江の海 夕波千鳥 なが鳴けば こころも・・・・(柿本人麻呂)

人麻呂は 日本海に突き落とされて殺されたと

「水底の歌」の中で 梅原先生は言っている。いずれにしても寂しい。

posted by 花蓮 at 13:18 | TrackBack(0) | 日本の事