2012年08月05日

日本柔道の道

いまロンドンオリンピック真っ盛り

どこのチャンネルにしてもオリンピックです

このなかで一番印象に残ったのは<オオカミ目>の松本選手です

女子柔道の弱い、優しい目をみていると 

良き日本人なんだなと思います

柔道は変わって行くようです

基本の形のように投げられない、受け身がないように見えます

返し技が外国選手にはあります 素直に投げられないサンボの技です

<一本が取れない> 

この問題が日本の柔道をガラパゴスにしているようです

日本の100キロ級選手が投げられて、カメのようにウズクマッテいました

「待て」が掛かるのを待っているようです これではダメです

これは武道ですから、背を向けたらやられてしまいます 近代柔道はスポーツに

してしまいました 日本人はうかうか乗って{用心}を忘れたのです

ここが<紙一重> の心構えだと思います 武道です

かの<ウルフ>は オオカミのような目つきで

襲いかかっていき 外人の相手は怖がって もはや逃げ腰です

当人たちは{格闘技}という言葉をインタビューで喋ります

100キロ級や他のクラスで見せた<目つき>は

腰砕けた気力の失せた格闘技ではありませんでした。

日本柔道の再生には北京金メダル「石井慧」の戦い方と

壮絶な鍛錬が必要だと思いました。

石井選手は心がけも立派です

園遊会に呼ばれたインタビューで天皇陛下に問われたら

「日本国民ですから・・」と正直にお答えしたというような意味の

事を言っていました。

彼が総監督で残って、外国人に対応できる柔道を指導したらきっと勝てるでしょう

posted by 花蓮 at 15:35 | TrackBack(0) | 日本の事