2011年10月29日

小春日和の日差しが愛しい

212_2

213

いつも読んでくれている皆さん申し訳ありません
やっとリフォームが完了しました
昨日は天井埋め込み型エアコンの18畳用の工事を最後に終りました
あとは31日足場を撤去します

今日は久々の休日です
昨日工事の帰りに珈琲カップ型の植木鉢と
シクラメンを買ってきて植えています

妻とジャンケンでどちらが植えるかで
私が勝ちました
私は見るだけ、妻が植えています
写真のように見事に植わりました
小春日和の朝日に 花が映えてとても綺麗です

グラインダーで<アッいう瞬間>に手を切りました
そんな1ヶ月半の工事でしたが終って見れば
身体を動かして気持良さが残ります

人間相手の<結婚仲介>は疲れます
物を相手の<大工仕事>はやれば終ります

晩秋の日を浴びて ゆったりした土曜日です

今晩は土曜洋画劇場でも見ようかな

posted by 花蓮 at 09:25 | TrackBack(0) | 日々の出来事

2011年10月25日

永六輔さんの事 折り尺の話

Photo

日曜日にテレビを見ていたら永六輔と大橋巨泉ともう一人出て対談していました。

これを見ていて<永六輔>さんには恩があるのを思い出しました

私は30数年まえ日曜大工のはしりの店を開いていました

まだホームセンターなんか世の中に全然無い頃の話です

そこで「折り尺」と言って黄色の20センチくらいの物差しが

5つに折たんである<スケール>を売っていました。

ところがある日「県の計量検定所」から呼び出しがあったのです

何かと行ってみると

「お前の所は法律違反の尺目盛りの物差しを売っている告訴する」

というものでした。

30年前はまだ大工業界には依然として<尺寸>が残り必需品でした

平成23年になってもサイディングボードは3m75cmです。

これは12.5尺をメートル法に置き換えた寸法です

ビニール波板は180cm、210cm、240cmのサイズでホームセンターで

売っています。

これは6尺、7尺、8尺をメートルに変換したものです

家はまだ尺貫法の基準で出来ているものが多いのです

そこで<県の小役人>の登場です

偉そうにのたまった挙句、始末書を書かせられました。

それから<隠して売った>のを覚えています

ところが<<永六輔>>さんがラジオでこの尺貫法の適正さを訴えたのです

<小役人>では手に負えなくなって、国会でメートルと<寸>を併記すれば

売っても良い事になりました。

今はそれを使った大工さんも年をとって、尺寸を知らない世代が多くなりました

それと共に尺・メートルを併記したメジャーも売れなくなりました。

でも<永六輔>の勇気に感謝しています。

「上を向いて歩こう」 永六輔さんの作詞です

posted by 花蓮 at 20:50 | TrackBack(0) | 日本の事

2011年10月17日

運転免許を目指す妻

今はあさ5時半 目が覚めて気分が良いのでブログを書く事にしました

妻は昨日一日中 自動車学校に行っていました

市営の日本語学校の同級生の仲間がみんな運転免許を取って

妻も猛烈に「自分も欲しい」と思っていたのです

その自動車学校というのが、日本語学校の中国人がみんな行く

学校だったのです。

五泉という新潟から30分も行ったところにある山間の町の自動車学校です

新潟市内にいくつも学校があるのに、なぜわざわざ田舎に行くのでしょうか

それは列車の定期券代を学校が負担するのと、中国人に優しく取得するまで

補習が無料らしいので口コミで広がったのです

朝7時半の電車に乗って行くので 新潟駅まで送っていきます

中国人にとって日本の交通法の書き方はとても難しいようです

<追い越した後のフラッシャーは3秒以内に戻さなければならない>

「これは合ってるの 間違ってるの?」

わたしも 分りません

「3秒じゃなくて すみやかにだって」

日本人でも間違うのに 中国人には悪戦苦闘のようです

posted by 花蓮 at 06:04 | TrackBack(0) | 国際結婚体験集