2011年09月11日

食べすぎは身体に良くない

Cimg3176

「葡萄の食べすぎは血糖値を上げてよくないですよ」

こんな会話を妻と交わしていました

皮ごと食べられる葡萄を知人から貰い

私が何房も食べているので妻が心配して 

寝る前に<メモ>を残していったのでした

もし 全部食べると たいへんなことになるよ!!」 

と書いてありました

私の身体を心配してくれるので感謝です

この夏はスイカをいっぱい食べました

酒を飲まない代わりに私は甘い物が大好きで

食欲が無くても<ケーキ>は食べてしまいます

これは「糖分」が多くて血管を詰まらせてしまうのは

分っているのですが食べてしまいます

妻のために 長生きしなくてはいけません

甘い物には気をつけよう 誘惑に勝てるかな?

posted by 花蓮 at 12:21 | TrackBack(0) | 体験集

2011年09月09日

空しい出会い

なでしこが北朝鮮と引き分けましたね

いや〜負けなくて良かったと思います、勝負は時の運と言いますので

実力があっても安心できません。

先日、韓国の55才の女性が再婚したいと電話掛けてきました

事情を聞いてみると、元主人は60歳で真面目すぎる程の人

だそうで、彼女はソウルの生まれで結婚して来日して案内されたのは

東京から5時間の山の中だったと語ってくれました。

結婚して20年ほど経って、彼女の持ち前の活発さが田舎では

抑えきれなくなって化粧品の店を田舎で始めました。

それが基で<反対>の主人との関係が悪くなり離婚しました

話を聞いていると<活発>なので、万事保守的な男性と

合わないだろうなと思いました。

寂しさを紛らわすために、飲みに出かけてカラオケを歌うのだそうです

新潟市に来て5年目 知り合いも少ないというので

韓国人のママのバーを教えてあげました。

国際結婚の女性の場合 55才の年齢ではほぼ決まった

事がありません。

ガストで話を聞きましたが、もう会うことは無い

なあと無力を感じました。

posted by 花蓮 at 15:16 | TrackBack(0) | 候補

2011年09月06日

日曜日の買い物

Cimg3173

Cimg3174

ある日の夕方 妻が百円ショップに連れてって と言うのです

何処がいい?」

どこでもいいよ」

じゃ 行った事ない新しい店にしよう

その百円ショップは通路も広く買い安い店でした

君が買い物してる間に 蔦屋に行ってくるよ

蔦屋の中央通路に山積みになっている文庫本の一冊に

目が留まりました。

そのタイトルは「永遠の0」 著者は百田尚樹 

残念ながら初めて見る名前です。

帯封には「僕は号泣するのを懸命に歯を食いしばって

こらえたが、ダメだった」児玉清氏が絶賛 と書いてありました

文庫本なのに900円もします。

零戦に乗って命を落とした祖父の生涯をたどる物語のようです

一旦手を離したのですが、また手に取ってしまいました。

妻は100円ショップでいろいろ買って戻ってきました。

家に帰って「あなた コーキング出して頂戴

コーキングなんて 何するの」

ペタンフックの粘着テープでは弱いのでコーキングで

補強するのです。

今朝見たら コーキングもしっかり付いて

調理器具もぶら下がっていました。

posted by 花蓮 at 14:48 | TrackBack(0) | 体験集