2011年07月29日

何でもない 日常のこと

私の地方 新潟では昨日はバケツをひっくり返したような大雨、

天気予報図ではハルピン上空の大陸から

日本の北半分に低気圧が掛かっています

今日も朝から豪雨で、道のマンホールからは水が噴出しています

こんな中 台所へ行くと換気扇の穴から小鳥の声が聞こえました

子供が餌さをくれと、親鳥を待っているのです

こんな大雨のなか餌さが見つかるのしょうか

薪ストーブの煙突から雨だれの音が聞こえるので

近づいて見ると曲がりの所から水が垂れていました

こんなことは初めてです

H型の外の煙突傘から 雨が入ってきたのです

昨日の夜 ナメクジが出ました

私が殺虫剤を散布すると、妻がその音を聞きつけてやってきました

「あなた10秒でいいのよ」

わたしは30秒位やらないと気が済まないのです

寝る前にゴキブリを見つけました

また40秒噴射していると 「あなた長すぎるわよ」

どうして気になるのでしょうか

不思議な感覚です 妻の前世は虫だったのでしょうか

posted by 花蓮 at 09:50 | TrackBack(0) | 日記

2011年07月27日

日本と中国新幹線の違い

2

中国新幹線のお粗末さをみせつけられた事件でした

それにしても日本の新幹線技術はすごいものだったのですね

我々は日常当たり前に乗っているけど、あの高速でピーク時には

3分間隔で運転して、追突しないなんて考えて見れば凄い技術ですよね

台湾の新幹線は最後は日本の技術に任せました。

そのお蔭で全く無事故で運転しています

一方中国では日本、ドイツ、フランス、カナダの各国を競わせて

技術を盗用する魂胆が、JR東海にも分って一切協力していません

実は車両もさることながら、運行制御システムに重要な技術が詰まって

いるのを中国は軽視していました。

北京ー上海ー福州という超長距離を運行するシステムが未整備だったのです

日本では47年前、開業当時から指定席券をどこからでも買えるようにシステムを

組みました。これはとても難しい事だったと思います。

中国では数年前まで、始発駅に大量に席が割り当てられ

途中駅では買えませんでした。

このような遅れたシステムのなか、急に長距離を運行したのです

人命軽視の職場での事故はこれからも発生する可能性があります

posted by 花蓮 at 09:19 | TrackBack(0) | 日中感想

2011年07月24日

お気の毒です 新幹線旅行

Photo

 <中国新幹線・画像を借りました>

きょうの一面のニュースは中国新幹線脱線転覆事故です
ノルウェイで無差別テロがあったのですが、何しろ遠い国の出来事
しかし中国新幹線と言えば身近です

私が7月8日にこのブログでも書いたばかりでした。
400キロ走行は中止したもの、300キロ走行中に事故が起きる
のではないだろうかという世界中の不安が的中しました。

中国が技術をパクって作った<旅客飛行機>も危ないと思って
いましたが、新幹線事故が早くもおきました。
鉄道建設に絡まって、現地でテレビを見ていた知人が
新幹線汚職で二人が刑を受けたと知ったと言っていました。


すなわち鉄道の架設で建設資金がピン撥ねされている事に
なります、これは今直ぐ出なくてもある日、崩れたりする事故
となって現れます

日本に技術援助してやっても良い」と語った事は7/8に書きました

しかし 今回ATMの技術はパクってなかった事を示しています
安全面を軽視して、早いかっこいい面だけパクって出来た出来た

とはしゃいだ結果でしょう。
民衆と政府を分けて考えなければなりません

楽しい家族旅行で亡くなったかたの多いのではないかと思います。
いつでも民衆は犠牲です

posted by 花蓮 at 11:48 | TrackBack(0) | 日中感想