2011年03月30日

南三陸町の悲しい話

今回の地震で悲しい話は何万とあるでしょう
私の知人の歯医者に聞いたのですが、歯科医師会でも4人の医師が
被災地に行っているそうです。
亡くなった方の検視に立ち会っているそうで、身元不明の方の歯型を
取っています。
しかし カルテのある病院も流されていれば照合しようがないと言っていました

昨日テレビでひとりのお坊さんが「死へのケジメとしての儀式が必要」
と言って被災地の安置所でお経を上げていました。
生き残った人も、多分亡くなった人もお経を唱えて区切りを
つけてもらいたいでしょう。
今後そういう心のケアが必要と思いました

南三陸町の町役場で最後まで防災無線で避難を呼びかけて
いた女性は涙を誘います。 テレビでその放送を聴きました。
役場の屋上に逃げて20人の方が亡くなったそうです
その女性はまだ行方不明です

被災者や日本国民の心に傷を残しました
連日のテレビ報道で気分が悪くなって病院に行った人も多いそうです
自然は巡る
今年も靖国神社の染井吉野が開花して、東京は桜が咲きました
地震があっても 桜は自然の循環で咲きます

posted by 花蓮 at 11:33 | TrackBack(0) | 日本の事

2011年03月28日

中国の計画停電

中国の計画停電はあるの?
それがあるんです しょっちゅう停電なんです
シンセンと言って香港との国境の街です 
ここ15年で爆発的に大きくなった都市で、香港市民が物価が

比較的安いシンセンに住んで香港に通勤しています。

その街に友人が住んでいて、計画停電の状況を知らせてくれました。
それは突然おこるので、なるべく電気は使わないように生活パターンを

変えているそうです。

汗をかいてシャワーを浴びようと家に帰ってくると停電・断水で

汗まみれで待つという事があるそうです。

ハルピンから250キロ北の町 メイン道路が1本だけの
小さな町 むかし満蒙開拓団の本部があった方正県
この町に行った時 ホテルの電気が点きません。
「今日は停電日です」
と言われ 暗い食堂で朝飯を食べました

それからハルピンに帰ってきて、夜は花火大会がありました。
探照灯(戦時飛行機を探す為の強力ライト)が20個も
松花江の対岸で夜空を照らします
探照灯を20個も初めて見ました まだ戦時のようです

ビルもライトアップして綺麗です
しかし それは農村と周辺中小都市の
停電の上に成り立っていたのです

田舎の人は別に気にしていません
田舎は当たり前 中小都市は当たり前
電気が足りないんだから

posted by 花蓮 at 13:15 | TrackBack(0) | インポート

2011年03月25日

日本人の素養

ある女子留学生の体験談が載っていました
彼女は中国人で東北大学の図書館で勉強中に地震に遭いました


以下は彼女の文から

ぐらぐらと強い揺れがあり図書が落ち 科学棟から火が上がり
裏山が崩れました。
これは中国に帰るしかないと思い、自転車で羽田に向かいました
途中道が分らなくなり通り掛ったお爺さんに聞くと
親切に地図を描いてくれました。
やっと郡山にたどり着くと、長距離バスが東京まであり
私が自転車で避難してきた留学生と知ると、乗客はお菓子や
果物をくれ励ましてくれました。
東京に着くとそこは整然と並んで、日本人は冷静に待っていました
空港の国際電話は大連まで無料になっていました

日本人の冷静さと親切にビックリしました、いまお爺さんの地図を持っています。

こんなブログが載っていました


一方ほうれん草や牛乳、水道水に放射性物質が含まれている
問題で日本人は過剰反応しています
金町浄水場の水は大人が飲んでも問題ないレベルと専門家が言っています

森ビルの回転ドアに子供が挟まれて亡くなりました
誠に痛ましい事故でした
しかしこれ以来 日本の全ての回転ドアが無くなりました
中国の百貨店やホテルで回転ドアを通る度に
日本の安全ヒステリーについて思うのです。

一人一人は中国人やフィリピン人と変わりません
だけど千人寄ると片や乱雑になり、片や整然と並びます
だれが教えたわけもないのに そうなるのです。

中国人ブログに書いてありました

60過ぎの交通誘導員が走って仕事する
レストランでバッグを席に置いたままトイレ行く
貧富の差が大きいから強盗や窃盗が多いと思っていましたが
日本を見てこれは違うと思いました。
日本にもホームレスは居ました
これは日本人の素養の高さだと

ほうれん草、水道水、ペットボトル
日本人の素養の高さを示して つまらないテレビの情報を
取捨選択して 落ち着きましょう。

posted by 花蓮 at 08:54 | TrackBack(0) | 考えること