2008年12月30日

大晦日 そして謹賀新年

Dsc04851 Dsc04852 去年の大晦日は妻がまだ中国にいて日本に早く来れるようお寺参りをしてました。                      今年は我が家の窓を拭いています、わたしも仕方なく十年も掃除してない風呂のブラインドをはずして「黒かび」取りです。やってみると案外大変で一枚一枚タワシでこすっていかないと取れないのです。                                                  でも張り合いの無かった家に若い妻が来て、歳夜の料理や初詣の話が出ています。 結婚に反対してた90歳の両親もニコニコと大晦日の会食です。腰の曲がった父が近くの惣菜屋でホカホカのたまご焼きを買ってきて「玲子さんこれ」と差出ました。              母のつぶやき「いい子ですよ」が効いているのでした。                      よそよそしかった30歳の次男は妻に「あったか室内履き」を買ってきました。                                                     「お父さんがハイこれだって!」満面の顔で妻は卵焼きを手に「あったか」を履いて中国踊りのステップで台所に・・                                                    終息と思ってた人生のすべてに未来が出てきました。                       来年の事を言うと鬼が・・といいますが中国のマイナスのうわさも一段落、個人レベルでは女性が家庭に入り暖かい雰囲気が一つでも多く生まれるといいですね。             ブログを始めて二年 見に来てくださった回数は三万六千余になりました。            

それでは読者の皆様 今年一年の御愛読ありがとうございました                来年もよろしく 

                      二日は箱根駅伝を見ましょう〜

    写真: 十年ぶりに洗ったブラインド* 夫婦で謹賀新年*

posted by 花蓮 at 11:24 | TrackBack(0) | 日々の出来事

2008年12月26日

ハルビンだより・・(4)

Dsc04810Dsc04765 新潟人社長の店を訪れてみると洗練されたファッションの店でした。いつも宿泊しているホテルの前にあるデパートの一角です。                                 ・                日本デザインの最新モードだそうで模倣されるのを心配してましたが、私には従業員と売り上げ管理の方に関心がありました。わたしが関東に数店作った時は従業員の採用に失敗し、新潟でも中国人学生アルバイト管理に苦労したにがい記憶があるからです。江ノ島へ行った折はお立ち寄りください、インテリアショプWINDY、苦労して作った店です。WINDYは息子の米国留学下宿先のかわいい娘の名から  湘南の風                                            店は開店景気もあってお客さんがたくさんいました。来年は違うタイプの商売をする計画とか、良い知り合いができました。                                    松花江沿いの裏道に10時ころまで朝市が立ちます。                       夏に散歩した頃は歩くのに肩が触れ合うくらいのにぎやかさだったので極寒の今はどうなっているだろうと興味がありました。                                   朝歩いていくと「います います」 たくさんの人です、道路に並べてある魚は氷の棒で、野菜は厚い袋に入れて一個だけサンプルに出していまが そのトマトはカチンカチン。肉は戸板の上に むしられた鶏が首を並べて寝ています。                         地元の人だけの毎日の賑わいです、でも10時を過ぎるとあっというまに店も客もいない寂しい道になるのが不思議です。

写真: :ホテルから見る松花江 : 松花江の氷上に遊ぶ スケート 馬車 :犬そり*

posted by 花蓮 at 09:16 | TrackBack(0) | 日中感想

2008年12月25日

ハルビンだより・・(3)

                   Dsc04772_2 Dsc04787_5    花嫁はいままで紹介したなかで三本の指に入る美人です。                             同行男性は年齢の点で他の女性に断られていたのにかえって一番よい結果です。                                          女性も三十代の若者からの求婚を断って彼を選んだそうで、何か天上からの糸が操作しているような気がしました。                      中国の習慣は結婚写真を大切にして男性も何度も着替えてたくさん写真を撮影します。日本人が恥ずかしくなるようなスターポーズも写真師が要求します。               これも普通の日本人が経験しないような異国での結婚式でなかなかいい経験です。                                                  花嫁は食事のとき私にも取り分けてくれたり、男性があまり酒やタバコを吸わないよう注意したりして良妻賢母を予感させました。      

     写真: 写真館での撮影の一こま*

posted by 花蓮 at 15:04 | TrackBack(0) | 日中感想