2008年03月15日

陸路から香港 4

Dsc04067 自分がどこに居るのかわかりません。頭上にHITACHIの大看板、以前に来たとき九龍側から見たことあります。「湾ツァイ」だと見当をつけて「地球を歩く」を見るとエリア地図にありました。「この歩道を右にいくと地下鉄だ」 妻は不安そうに付いてきます。切符を買うコインはどうするの?札入れはありません。やっと調達してコインを入れても戻ってきます。隣の女性が旅行者知って教えてくれます、香港は3回くらい入れると出てくるのでした。「機械が馬鹿」というと妻は安心そうな顔、着いてから自分がうまく案内できないのを気にしていたので。上環(シャンワン)という終点で降りてもまだ着きません、ホテルの予約場所のミスをくやみました。「電車に乗るぞ」あの二階建電車です、後ろが乗り口運転手の隣が降り口です。どこまでいっても2元です。勘をつけて降りるとやっとホテル 6時30分でした。  写真:2元 2階建電車

posted by 花蓮 at 09:38 | TrackBack(0) | チャイナの旅

陸路から香港 3

Dsc04087 妻を説得して一番大きな建物に行くと「中国出境所」でした。やれやれこの向こうは香港のイミグレがあるのだと思って通関するとと外に出てしまって、旅客はひたすらバス停に歩いていきます。いろんな方向のバスがと止まっていて「香港九龍」のバスがあります。先ほど降りたバスではありません、とりあえず乗ると10分くらいで香港入管でした。やっと香港にたどりついたと外に出ると広場は人でごったがえし、九龍、香港島などいっぱいバス停があります。(別料金)え、いったいシンセン空港の「香港九龍」行きはいったいなんだったのでしょう。なんの関係もなかったのでした。バスが海の橋を渡ったので「香港島」に入ったと勘をつけておいたのですが今度は各駅停車します。広東語は通じないし終点で降りました。午後2時に着いて今はすでに6時になっています。帰りのシンセン空港は朝8時30分発の飛行機です。間に合いません大変な誤算をしたと内心青くなりました。タクシーでホテルまでというと「ごちゃごちゃ」、妻になんと言ってのだと聞くと「わかりません」。仕方が無いので「地下鉄」でいくぞというと「何それ」「地面の下を電車が走るの」険悪な雰囲気。  写真:香港島

posted by 花蓮 at 09:01 | TrackBack(0) | チャイナの旅

2008年03月14日

陸路から香港 2

Dsc04060 よく確かめなかった事から珍道中がはじまりました。深川空港から香港は近いという思い込みが間違いでした。おそらく国境から60〜70Kはあったのだと思います。空港でどうやって国境に行くのかで迷ったのです。まづ中国なので妻に任せていたのですが、中国語が通じないのです。北京語と広東語は違うとは知っていましたが、バスの発着所を聞いても要領を得ないのです。警察官も木で鼻をくくったような返事です。それでもやっと聞いた場所で待ってると香港(九龍)と書いたバスがきました。やれやれこれでイミグレで少し降りるくらいで九龍まで行けるのだと思っていると、行けども着かず1時間も走っているのです。突然全員が降り始めたので着いたかとおもったら広い駅前みたい場所です。右も左もわからず妻が私が考えているのと違う方に行こうとします。「違うってば」「あなた知ってるの」二人とも不機嫌になってきました。ここはいったいどこなんだろう、九龍行きと書いたバスは走り去っていません。  写真:シンセン空港で実はこのときパニック:

posted by 花蓮 at 14:53 | TrackBack(0) | チャイナの旅