2019年11月13日

 春がきました 宮川あたり〜

御存じ宮川音頭である
まだ雪も降らないのになんで此の歌なのか
  どど〜ん ぴか〜〜
昨夜新潟で鳴った” 雪下ろし”のカミナリだ
東京ではカミナリは夏のもの
ところが越後では冬に鳴る
 お化けがくるぞ〜
小学生の時おどかされて 布団をかぶった
サッシもなかったので 隙間風であけがた
雪で布団がうっすらと白かった。
長靴より深い雪をかきわけて学校へ行った
子どもには嬉しかった雪も三十過ぎると恨みでしかなかった。
  〜〜ハラショ ハラショ の ロン ロン ♪
新潟小唄の一節だ
意味は幕末にロシア船が新潟湊に来た時ロシア人から
伝わった言葉らしい
祇園小唄があるように 新潟古町芸妓が伝承している
先回書いた美人新潟芸妓Aが躍ったのを見た事がある、
新潟県人は関西京には行かない
もしAが祇園に行けばナンバーワンになっていたろう
お団子みたいな関東出身の舞妓が「祇園小唄」などを
田舎者に見せる
祇園甲部や上七軒の花街には京都人にしか見せない
上品な踊りがある。
雪の話からだいぶそれてしまったが
炬燵のなかで内またに手をすべり込ませる楽しみは
祇園まで行かなくても この越後でも楽しめる
〜〜月はおぼろに 東山〜〜
〜〜ハラショのロンロン〜〜

posted by 花蓮 at 10:59| Comment(0) | 日記

2019年11月07日

 これから春までさようなら

けさNHKの天気予報を見た
真っ青な渋谷の空
わたしもかつて見た空
わたしの亡くなった妻の故郷は 浜名湖の有る街
母の故郷は朝鮮の木浦だ 当時日本の領土
大陸性気候だ 寒いけど毎日青空
二番目の中国人妻 ハルピンの生まれ
そこは満洲 マイナス20度になるけど
抜けるような青空
今生きている周りの女はみんな越後生まれ
関東の冬を見た事がない。
だからだれも十一月十三日を恐ろしさをしらない
この日が春まで青空とお別れ日だということを
A子もB子もC子も なんとも思っていない
 青空との別れを
早春賦の歌詞を知っているだろうか
 〜今日もきのうも 雪のそら〜〜
作者は雪国を知っている
祇園の舞妓はいまは ほとんど地方出身
北国生まれもいるだろう
にいがた芸者で一番美しいのはA
新潟生まれだ
かくまきを着ている
北国特有のマントみたいなものだ
東京を知らない彼女には似合う
かくまきにバンがさ、鼻緒に雪よけの着いた
高下駄
新潟女は私の様に天気のもんくを言わない
新潟男は越後の女いい
 太陽が照らないので抜けるように白い肌
美しい女が多い
〜〜今日も昨日も雪のそら〜♪

posted by 花蓮 at 08:04| Comment(0) | 日記

2019年11月04日

 やっぱりやった左翼沖縄

左翼政治が続いたこの新潟もやっとまともな知事が当選した。
京都大学、ハーバード(?)だったか高学歴知事が続いた新潟県
これが似非左翼、二人とも原発反対を唱えて当選した。
ところがところが「蚤の〇玉野郎」自滅した
女子大生の買春を文春に暴露され逃げ回った。
それでなけりゃいまも左翼県政だった。
沖縄がそれだ、 首里城が燃えている時 玉木デ二―はどこにいた
あの極左の韓国に居たらしい。
左翼県政は深夜までイベント準備に首里城を貸し出していた。
これは沖縄王朝が中国に臣従した故事を再現するイベントらしい、
愛知なんとかと同じ主旨ではないか
さっそく民主党が政権を取った時の悪夢が再現されている。
私が若い頃ロータリークラブに入っていた。
そのころALS(筋萎縮そくさく硬化症)の団体を支援していた。
慈善事業という世間ていのポーズである。
その大会が新潟で開かれた。
私は新入会員だったので下働き
新潟空港まで出迎えに行った
ストレッチャーに乗せられた患者が空港に着いた
ALS患者と言う人を初めて見た
目(まばたき)以外は全身が麻痺している
これの進行が速いそうだ、
この患者を公会堂にひっぱり出して寄付金贈呈式をやった。
下っ端の私は神妙な顔でストレッチャーを押した
RCクラブの襷を掛けて偽善者ぶった。
何を言いたいか
山本太郎が国会にALS患者をひっぱり出して
やってる事は当時 新潟日報が賞賛した事と同じだ。
ALSは残念ながら根本治療法は分かっていない。
あのゴミ野郎はそれを知っているのである。
沖縄、新潟、国会 我々は注意してニュースを見ていきたい。
南無阿弥陀仏
image/_user_image_05_ab_23eeecb3a1bb1db71d4652aec268067e.jpg



posted by 花蓮 at 02:33| Comment(0) | 日記