2018年07月16日

ワタシが日本に住む理由

このタイトルをつけたままベッドに入った
ところが眠るどころが耳だけがダンボになった。
アメリカ人画家、大原に住むイギリス婦人の
テレビに出ていた。キャンバス代りのベニヤ板を
曲げて一番近い風景を膨らんだところに書く
その風景がこころにつきささった。
それが一日後このテレビに流れている
それがチュウーブなのでまた再生できる
それが必死で布団の中で記憶した事
アメリカ人女性、九州小倉大学の教員
和製英語辞典を作ったと言う
これは昨日中国人主婦が来て、分らない言葉
だらけと言う、彼女は学歴が低いので
全く英単語を知らない。多分「米帝国主義」などと
共産党が叫んでいた頃の学校教育世代だ
だから「コミュニケーション」など日本語かした
外来日本語をスーパーの店長が使うと全く分からない
もう一つの日本語の壁が立ちはだかっているのだ。
この和製英語=日本語、米人が分らない英語が
日本にいっぱい出来た」ベッドタウン」ー 米人には
通じない。この辞書を彼女は作ったそうだ。
”これは日本語を勉強する中国人には必要”
またあしたこのチューブはゆっくり見よう。

posted by 花蓮 at 22:39| Comment(0) | 日記

まだ地上にいるよ

八月も近くなってきた
この季節になると戦争のドラマが多くなる
安芸の宮島が映っている。母が亡くなる前宮島に旅行して
とても綺麗なところだったよと言っていた。
広島は今は水害、足が治るころ行けるのではないか。
行って見たいのが呉(くれ) ここも今回の水害。
大和ミユージアムがある。江田島、海軍兵学校も死ぬ前に
いってみたい。
別れた妻と再々婚をして旅してみたい。
昨日妻の親友の中国人が訪ねてきた。
近くにすんでいる。
「派遣されているスーパーで中国人だからいじめられているのよ」
「ちがうよ 日本人でも同じだよ」「新入社員に自分の時間をさいて
教えるよゆうがないんだ」「あのスーパーは県内で5番目だから」
今月で派遣契約が切れるならやめなさい」
ショートパンツから白い足がのぞいている
頭の中によからぬ妄想
彼女の主人は脳出血で半身不随
介護にパートに忙しい
なにか起きるのだろうか???
母さんまだ地上にいるよ
posted by 花蓮 at 09:34| Comment(0) | 日記

2018年07月15日

やりのこした事

こんなタイトルで書くとは 私も「生」への執着が出てきたことか、
昨夜のテレビで女性三人がロシアの旅をする番組があった
芥川賞受賞者の女がドストエフスキーの旧宅を訪問していた。
ふとそのドストエフスキーがカラマーゾフの兄弟のの作者である
事をしった。
ロシア文学は一つも読んだ事がなかった。
死ぬまでに読んでみようかなと思った
それからサンクトペテルブルク ロシアの古都と
ウラジオストクこの二都市は行って見たい
昨日放映されたのは元王宮のエルミタージュ美術館
ふと行って見たいと思った
実現できそうなのはカラマーゾフの兄弟の中古本」を
アマゾンで買う事だ。
ロシアの美女はハルピンのホテルでいつも朝食のとき
一緒だった。
妻は体臭が臭い」と嫌がったがわたしはそれが好きだった。
日本人は無臭、中国人はにんにく臭、ロシア美女は「わきがの匂い」
メドべがテレビにでていた、顔はアメリカ人より美しい ただ
自我の強さは強烈だ、多分1週間と持たない
明治期森鴎外の恋人が後を追って横浜に来た
鴎外は合わずに帰した・
どんな女だったのだろう 時は明治 ドクタージバコの
女優のように優しい人だったのだろうか。
森鴎外はロシア人の恋人のことを小説に書いた 「舞姫」である。
ちなみに立教の教授の妻がロシア人だったのを思い出した・
きょうはここまで


posted by 花蓮 at 16:10| Comment(0) | 日記