2021年04月19日

 都の西北 ♫ 旺文社全国模試2番

昔の話をしよう
今年は74才 終末期を迎えている
昨日おなじデイサービスの友人が遊びに来た
奇しくも同じN市の高校を卒業していた
話しの中で初恋の女のことになった
二年のある日一学年下で一番美人をデートに誘った
私は四百五十人中四百三十五番、中学ではいつも十番以内
だったのに完全に打ちのめされた。
廊下をこそこそ歩いていたのに
むこうから一年の美人がきた
何を狂ったのか俺は声を掛けた
「今度T湖でボートにのりませんか」
意外や意外
「ええ いですよ」
彼女は答えた
準備していなかった俺はどぎまぎした
N市でも田舎の中学 靴なんて無く
みんな下駄ばきの百姓
高校一番の女をつかんだらついてきた
”おら どうすりゃいいんだ ”
約束の日まであと数日 全国模試の発表があった
彼女はなんと二番ではないか
俺は忘れたが 千番か万の単位
また打ち砕かれて ボート乗り場には行かなかった
行けなかったのだ。
卒業後のうわさではW大へ行ったという
俺はW大を落ちて 二流私立へ
高橋洋一流に言わせれば”ド文系”なのである
話しは昨日に戻って
美人の彼女はN市から電車で三十分のG町から
越境入学で通っていた
駅前の繁盛する食堂であった
そのまた山奥のM町の葉来軒という
ラーメン屋にデイサービスの友人と入った
ラーメン屋の女将に高校時代となりのG町の
駅前食堂の娘と付き合っていたんですよと
嘘を言った。
意気地なしの五十年まえをまだ恥じて
”Yちゃんはわたしの姉の娘ですよ”
”えッ”
”美江ちゃんはいまどうしてます”
”プロ野球の選手と結婚して離婚しました”
  。
  。
俺はこの越後のくそ田舎で 終末期を迎えている
♫ ♪〜 都の西北早稲田の森に〜〜〜
  href="http://karendairen.sakura.ne.jp/sblo_files/blogkaren/image/_user_image_40_08_872a38db2d6c8a1757285249a4a2b6b7.jpg" target="_blank">image/_user_image_40_08_872a38db2d6c8a1757285249a4a2b6b7.jpg



posted by 花蓮 at 06:09| Comment(0) | 日記

2021年01月30日

 トランプは沈んだ

NHKもやたら米国の大統領のニュースを流すようになった
まるでCBSの下請けだ
ドミ二オンと言う不正投票機がトランプを落とした事
三分の一の米国人がディープステートで左翼である事も知った
”鬼畜米英”だから俺の知った事ではない
夕方四時頃から寝てしまったので真夜中に目が覚めてしまった
なぜだか山本元帥の夢を見ていた
彼が若い海軍士官の時 軍艦日進に乗っていた
東郷元帥の日本海海戦でロシアの砲撃で指と背中を吹飛ばされた
幸い義手で退役もせず連合艦隊司令長官まで昇りつめた
彼が郷里長岡時代 高野五十六と言ったそして旧藩主牧野候
の勧めで
賊軍長岡藩家老山本家の養子となった
山本家の先祖は会津鶴ヶ城まで戦争に行き死に家が絶えかかっていたのだ
彼の妻は会津松平の家老の家系
山本がブーゲンビル島で戦死して東京で国葬が行われた
あと一年生きていれば”アメ公”の捕虜になって東京裁判に
掛けられていた
だから戦死の日の前線視察に護衛ゼロ戦を六機だけと断った
米軍が60機で待伏せしているのを知っていたのではないか
その米国が「ちゃいな」に乗っ取られた おら知らね!

俺のまわりあの世のメンバーの方が多くなった
妻 かあちゃん 父ちゃん だれも電話もかかって来ない
つ〜〜〜〜ま よ 寂しい 
生きてるとき浮気してごめんな    













































































































































posted by 花蓮 at 03:05| Comment(0) | 日記

2021年01月09日

 トランプは本当に負けたの?

俺は泣いている
この越後のくそ田舎で 何にも出来ない
外は雪 大寒波が来たのだ
昨晩 知覧特攻隊のフィルムを見た 
桜の枝を振る知覧高女の生徒
その敵国アメリカが共産党にメチャクチャにされている
特攻隊の恨みだ ザマミロと言いたい が 俺は日本人
恨みはは水に流す 〇〇人やアングロサクソンとは違う
トランプ頑張れ 中国に負けるな
完全なる不正選挙 アメリカは田舎国家だった
でも日本はそのアメリカに負けたのだ まだ敗戦を引きずっている
もう昔の若者はいない
その最後の名残も七十五歳 知覧を知らない
すべてを黙らせる雪がふる 
くそ雪が 降っても降ってもまだふりやまず
やがて二月 早春賦を歌ってもよい 春がくる





posted by 花蓮 at 08:07| Comment(0) | 日記